今のニッポンの世の中には納得のいかないことが多すぎます。 もっともっといい国ニッポンになって欲しいがゆえに、その都度起こった政治経済や時事ニュース、スポーツ、エンタメについて怒りをぶつけます。
がんばれ!ニッポン!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマークに追加する

にほんブログ村 芸能ブログへ
ページトップへ
浜崎あゆみさん衝撃告白! 突発性内耳障害「もう左耳が聞こえないんだ」
2008-01-07-Mon  CATEGORY: エンタメ
歌手の浜崎あゆみさん(あゆ)(29)が、以前から抱えていた左耳の突発性内耳障害が悪化し、左耳が完全に機能不全であることを6日、自身の公式ファンクラブHPで明かしました。

突発性内耳障害は、突発性難聴の一種で、生来健康で耳の病気を経験したことのない人が、明らかな原因もなく、あるとき突然に 通常一側の耳が聞こえなくなる病気をいいます。
一般には50~60歳代に多く、男女差はありません。飲酒喫煙歴や食生活はあまり関係ないようですが、突発性難聴の患者さんに野菜の摂取が少ない傾向がみられました。また、睡眠時間も関係ありませんでしたが、発症前に疲労感を感じていることが多いようです。しかし、どのような人が突発性難聴に罹りやすいかという、はっきりとした結論は得られていません。

4日付のあゆのブログで、「実は去年、耳の検査をしてもらったのだけど、左耳はもう完全に機能しておらず、治療の術はないと診断されたんだ」と衝撃の告白をされました。続けて「私はボーカリストであり続けたい。だから残されたこの右耳がいけるところまで、限界まで、歌い続ける。行くぜ10周年!!」と歌手業を続けていく決意も綴っています。

所属レコード会社のエイベックスは、「休むというのではなくあくまで決意表明的なもの」とコメントしています。また、あゆは平成12年に痛みや難聴感を伴う左耳内障害を告白していました。

浜崎あゆみさんは、昔で言うところの「アイドル」に近い存在ではありますが、「かなり歌がうまくて曲もいい」という女性シンガーが90年代末からJポップ・シーンを席捲しており、浜崎あゆみさんはその筆頭の存在でもあります。
97年にヴォーカル・レッスンのため渡米し、N.Y.でヴォーカリストとしての技術的なことを習得し、精神的にも大きく成長し、帰国と同時に現実的な自分を見つめた詞を書き始め、98年4月、シングル「ポーカー・フェィス」でデビューを果たしました。
以来、すべての作詞を自ら手掛けるこだわりは、彼女の音楽に対する真摯な姿勢の表れであり、一度聴いただけで耳に残るメロディとキーの高い歌声は、チャートの上位に居座るだけの実力を感じさせます。
音楽面のみならず、ファッション/メイクからその生き方にいたるまで、同世代の女の子たちに与える影響は絶大なものです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080106-00000943-san-ent

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

にほんブログ村 芸能ブログへ
ページトップへ
余白 Copyright © 2005 がんばれ!ニッポン!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。