今のニッポンの世の中には納得のいかないことが多すぎます。 もっともっといい国ニッポンになって欲しいがゆえに、その都度起こった政治経済や時事ニュース、スポーツ、エンタメについて怒りをぶつけます。
がんばれ!ニッポン!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマークに追加する

にほんブログ村 芸能ブログへ
ページトップへ
船場吉兆もどうやら終わりのようです...
2008-01-13-Sun  CATEGORY: 時事
今月にも再開との報道があったのに、何が終わり?、かと言いますと、
あの和泉元彌の母ばりのおかみが、新社長に就任することになったからです。

あの謝罪記者会見をご覧になった方には、この意味が分かりますよね?

私は、あの記者会見を見ていて、思わず目と耳を背けてしまいたくなりましたから。
まるで、映画やドラマの世界というか、見てはいけないものをみてしまったというか...

いずれにしましても、あの老舗船場吉兆のこの先は、暗いといわざるをえません。

yahooニュース引用
食品の表示偽装で昨年11月から休業中の高級料亭「船場吉兆」(本店・大阪市中央区)の経営陣刷新で、創業者、故湯木貞一氏の三女で女将(おかみ)の湯木佐知子取締役(70)が新社長に就任する見通しになった。一連の不祥事で、従業員や取り引き先に責任転嫁するなど、創業者一族による経営の甘さと傲慢(ごうまん)さが露呈した経緯があり、佐知子取締役の新社長就任は反発も予想される。

 船場吉兆は、食品の産地偽装や賞味・消費期限の改ざんが次々に明らかになり、休業による経営悪化により、民事再生法の適用申請を検討。湯木正徳・現社長(74)と長男喜久郎取締役(45)、次男尚治取締役(38)は引責辞任するが、正徳社長の妻佐知子取締役は創業者の娘として役員留任を表明し、「料亭経営者は顧客との関係などから継続性が必要」と主張していた。

 検討中の新体制では、他の役員に本店料理長ら料理人、弁護士らが就任する。心斎橋店のパート従業員らが加入する「アルバイト・派遣・パート関西労働組合」の仲村実事務長は「会社として責任を取ったことにならない。佐知子取締役を社長にしないよう申し入れる」と話している。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080112-00000091-mai-soci

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

にほんブログ村 芸能ブログへ
ページトップへ
余白 Copyright © 2005 がんばれ!ニッポン!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。