今のニッポンの世の中には納得のいかないことが多すぎます。 もっともっといい国ニッポンになって欲しいがゆえに、その都度起こった政治経済や時事ニュース、スポーツ、エンタメについて怒りをぶつけます。
がんばれ!ニッポン!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマークに追加する

にほんブログ村 芸能ブログへ
ページトップへ
GT-R伝説 再び
2008-03-16-Sun  CATEGORY: スポーツ
新型GT-Rのポテンシャルは計り知れないものがあるようです。
箱スカ時代を知っている方には、GT-Rへの憧れが分かっていただけると思います。
私の父は、箱スカに乗っていましたが、GT-RではなくGT-Xでした。
しかし、小学生だった私の脳裏には、あの箱スカの勇姿が鮮明に残っています。
新型GT-Rに、あの箱スカの趣きはないにしても、今の時代に生まれ変わった「GT-R」に興味は尽きないでしょう。
いつかは、愛車にしたいですね。


yahoo記事引用
GT-R、新たな伝説の始まり デビュー戦スーパーGT勝利
3月16日19時36分配信 産経新聞

 トップでフィニッシュラインを駆け抜けた日産GT-R。コックピットから右手を差し出し、人さし指を天に突き上げた本山は、クールダウン周回の終了直前、いったん日産ファンの応援席前で車を止め、喜びを分かち合った。

 「ずっとGT-Rの開発をしてきて、責任を担うプレッシャーを感じていた」。本山は喜びとともに安堵(あんど)の表情を見せた。関係者の思いは同じだ。「(ゴールの瞬間は)うれしさより、ホッとしていました」と話すのは日産のモータースポーツ統括関連会社、ニスモ(NISMO)の柿元邦彦総監督。カルロス・ゴーン社長の“右腕”フィリップ・クラン常務執行役員も観戦し、「喜んでいた」(柿元総監督)という。
 “伝説の名”を受け継ぐ車であり、ゴーン社長が自らスーパーGTへの投入を表明したGT-R。そのデビュー戦の行方は、単にレースファンだけではなく、すべての自動車関係者や車好きの注目を集める、ある種の社会現象にすら、なっていた。「勝たなきゃいけないという雰囲気が強かった。これだけ大きなプレッシャーがあったレースは珍しい」と本山は振り返る。
 冬の開発テストを通して手応えは強かった。前日の予選で速さも見せつけた。「普通にやれば勝てると思っていた」とNISMOの真田裕一社長。
 だが、その普通が難しい。
 予選で上位3位までを占めていたが、スタート直後、3番手にいたフィリップ、松田組のGT-Rが後続車に接触されてスピン、車両後部を大破した。GT-R同士のトップ争いとなった中盤、本山が柳田を抜いたときには「ぶつけるなよとヒヤヒヤした」と真田社長。終盤には横溝組のGT-Rがトラブルでストップし、「同じトラブルが(上位2台に)起きないかとドキドキした」とは柿元総監督だ。
 至上命令だったデビュー戦勝利を達成し、新たな伝説がスタート。次の目標は今季の2つ目の公約であるシリーズ王座奪還だ。スーパーGTでは優勝すると次戦以降はハンディキャップとして重量を載せなければならないルールがあり、簡単には勝てなくなるが、本山は「僕とブノワ(トレルイエ)のコンビが力を出せば、必ず勝てる」。柿元総監督は「この勝利でチームも盛り上がるでしょう」と自信を見せた。(只木信昭)

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080316-00000928-san-spo

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

にほんブログ村 芸能ブログへ
ページトップへ
<< 2008/03 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


余白 Copyright © 2005 がんばれ!ニッポン!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。