今のニッポンの世の中には納得のいかないことが多すぎます。 もっともっといい国ニッポンになって欲しいがゆえに、その都度起こった政治経済や時事ニュース、スポーツ、エンタメについて怒りをぶつけます。
がんばれ!ニッポン!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマークに追加する

にほんブログ村 芸能ブログへ
ページトップへ
バラバラ殺人の星野容疑者、無期懲役?
2009-02-18-Wed  CATEGORY: 時事
バラバラ殺人の星野容疑者、無期懲役?

この判決には、甚だ首を傾げざるを得ません。
そう思っている方も多いのではないでしょうか?

あれだけ残忍なことをやってのけること自体に
問題があるのではないですか?

「殺害の態様は執拗(しつよう)な攻撃を加えたものではないし、残虐極まりないとまではいえない。」
「被害者が命を落とした後である死体損壊などの態様を過大に評価することはできない。

殺人、死体損壊などは、逮捕を免れるために被害者の存在を消してしまおうと考えたのであって、事前に計画されていたとは認められない。

「被告人に前科前歴はまったくなく、犯罪とは無縁の生活を送っていた。逮捕された後は、犯行を自供し、その後も一貫して罪を認めており、また、被害者の冥福を祈り、自らの罪を悔いて謝罪の態度を示しているなどの事情が認められるから、矯正の可能性がいまだ残されている。」
「被告人の有利な事情も考慮すれば、死刑をもって臨むのは重きにすぎる。無期懲役に処し、終生、生命の尊さと自己の罪責の重さを真摯(しんし)に考えさせることが相当と判断した。」

こういったことが、世間一般の常識に当てはまりますか?
裁判官に、「あなたは常識を知っていますか?」
と聞きたい。

また、これらのコメントは、全て、
被告人の立場に立ったものの考え方ですよね。
被害者感情に関しては、全く無視されてるも同然なんですよ。

しかし、これが今の司法のものの考え方の基本なわけなんですね。
ですから、こういったことを正していくためにも
この間始まったばかりの、裁判員制度が意味を成すのだなあ
と考えた次第です。


yahoo記事引用
殺人については、包丁で被害者の頸(けい)部を突き刺すなどしており、残虐かつ冷酷である上、死体損壊、死体遺棄については、死体を細かく切断して投棄したという戦慄(せんりつ)すら覚えるものであって、死者の名誉や人格、遺族の心情を踏みにじる極めて卑劣なものである。

 被害者は、何らの落ち度がないにもかかわらず拉致された上で尊い命を奪われており、遺族らの処罰感情がしゅん烈を極め、社会に与えた衝撃も大きい。検察官が死刑を求めるのも理解できないことではない。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20090218-00000025-yom-soci

ビタミンBサプリメントの種類
即日融資と即日キャッシングとは
ダイエットは食事から
スポンサーサイト

ブックマークに追加する

にほんブログ村 芸能ブログへ
ページトップへ
<< 2017/08 >>
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


余白 Copyright © 2005 がんばれ!ニッポン!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。