今のニッポンの世の中には納得のいかないことが多すぎます。 もっともっといい国ニッポンになって欲しいがゆえに、その都度起こった政治経済や時事ニュース、スポーツ、エンタメについて怒りをぶつけます。
がんばれ!ニッポン!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマークに追加する

にほんブログ村 芸能ブログへ
ページトップへ
団地火事現場で赤ちゃんナイスキャッチ
2008-02-09-Sat  CATEGORY: 時事
火事の現場というのは、壮絶なものだろうと思います。
実は、私の家も火事にあったことがあります。
私は、仕事に出ていて、母や祖母が家にいるときに起こったのですが、幸いけが人は出ませんでした。
しかし、その現場を体験した母は、それ以来、火事に対しての過敏さといったら半端なものではありませんでした。

この団地の火事で、火に追いやられ、下に降りるに降りれない状況であった赤ちゃんを抱いた主婦は、自分の子を下で布団を広げて待つところへ落とす勇気というものは、並大抵のことではなかったと思います。
それを、うまく受け止めてくれるのもそうでないのも、下の人たちに託すわけですから、運も必要だったと思います。
今回は、助かって良かったですね。


yahoo記事引用
熊本市の団地 火事 赤ちゃんナイスキャッチ 隣接中学教諭ら救助
2月9日10時8分配信 西日本新聞

 8日午後零時50分ごろ、熊本市東町4丁目の都市再生機構健軍団地(5階建て)の3階の部屋から出火。5階に住む主婦大西千菜美さん(31)と生後7カ月の長女琉花(るか)ちゃんが取り残されたが、隣接する中学校から駆け付けた教諭6人が、4階と5階の間にある階段の踊り場(高さ約9メートル)から投げられた琉花ちゃんを受け止めて助けた。

 大西さんは教諭らが手で持って広げた布団に飛び降りたが、脊椎(せきつい)骨折の重傷。出火した部屋の主婦樋口聖子さん(64)も自室ベランダから飛び降りて腰の骨を折る重傷を負った。熊本東署の調べでは、樋口さん方から爆発音がして火が上がり、樋口さん方を全焼、4、5階の一部を焼いた。同署はガス爆発の可能性があるとみて原因を調べる。

 琉花ちゃんを助けたのは、同市立東町中学校教諭の上野正直さん(43)ら6人。火事に気付いて駆け付けた上野さんらは、階段の踊り場で琉花ちゃんを抱いた大西さんの「助けてください。子どもがいます」との叫び声を聞き、別の棟の住民から集めた布団何枚かを重ね、周囲を手で持って急造のクッションにした。

 「まずは子どもから」。上野さんの合図で大西さんが琉花ちゃんを投げた。ややそれたため、上野さんはとっさに布団から手を離し両手でがっちりと受け止めた。次に飛び降りた大西さんは重傷を負ったが、上野さんは「赤ちゃんは無事でとにかく良かった」と話した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080209-00000005-nnp-l43

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

にほんブログ村 芸能ブログへ
ページトップへ
<< 2017/04 >>
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


余白 Copyright © 2005 がんばれ!ニッポン!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。