今のニッポンの世の中には納得のいかないことが多すぎます。 もっともっといい国ニッポンになって欲しいがゆえに、その都度起こった政治経済や時事ニュース、スポーツ、エンタメについて怒りをぶつけます。
がんばれ!ニッポン!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマークに追加する

にほんブログ村 芸能ブログへ
ページトップへ
サッカー審判、家本氏の国際試合出場はOK?
2008-03-07-Fri  CATEGORY: スポーツ
先日、パウエル問題で日本プロ野球の後進性を訴えたばかりなのですが、
今回は、サッカーでも不可解な判断が下され、世界基準に遅れをとる結果となってしまいました。

問題あると裁定を下された審判を、それ以上にレベルのある審判を差し置いて、「技術は高い評価を得ている。(不信感を持たれていない)海外であれば十分にコントロールできる」という理由で国際試合に派遣されるのには道理にあいません。

何か、家本氏に肩入れをしていると思われても仕方の無い裁定に、日本サッカーの後進性を見た思いです。


yahoo記事引用
ナゾ裁定…家本審判国際試合はOK
3月7日7時7分配信 スポーツニッポン

ゼロックス杯の判定問題で会見に臨んだ家本審判(右から2人目)。同3人目は松崎審判委員長

 日本サッカー協会の審判委員会は6日、ゼロックス・スーパー杯の鹿島―広島戦(1日、国立)で警告を乱発した家本政明主審(34)に対し、ゲームコントロールの向上が認められるまでJリーグの主審を割り当てないことを決めた。サテライトリーグやJクラブの練習試合で研さんを積むことになるが、その一方で、国際大会で主審を務めることは容認。国内ではダメだが海外ではOKという不可解な裁定となった。

 審判委員会はこの日、家本氏をJFAハウスに呼び出し、本人同席で会見を開いた。松崎審判委員長は「コントロールの部分が向上しなければいけない」と説明。Jリーグの主審から外している間に、サテライトリーグ、JFAなどで“研修”させる方針を示した。期間は設定せず「1カ月というわけにはいかない。数カ月からシーズン前半くらいまでかかると思う」(松崎委員長)と長期に及ぶことになった。家本主審は「不安と混乱を起こしてしまったことは本意でなかった。多くに賛同を得られるやり方をしないといけない」と非を認めた。

 松崎委員長は判定については「しっかりやってくれた」と大筋で合格点を出した。ただ、前半12分に鹿島のDF岩政がGKの保持しているボールを奪おうとした行為に対して出された警告に対しては「ファウルには違いないがイエローではない」と誤審だったことを認めた。鹿島から提出された意見書にも同様の説明で返答する。

 事実上、Jリーグの試合は出場停止となった家本主審だが、不可解なのは海外での国際試合には出場可能なこと。既に決まっていた3月11日のAFC杯(バーレーン)だけでなく、その後もAFCエリートレフェリーとしてアジアの国際試合には派遣される予定だという。松崎委員長は「技術は高い評価を得ている。(不信感を持たれていない)海外であれば十分にコントロールできる」という認識を示したが、日本で出場できないレフェリーが海外はOKという判断には疑問符がつく。常識的には家本氏以外に4人いる日本のAFCエリートレフェリー(主審)を派遣するべきだからだ。日本協会は東アジア選手権で北朝鮮レフェリーの技術の低さを指摘したばかり。アジアをけん引すべき立場の割には、あまりにも中途半端な“裁定”だった。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080307-00000020-spn-spo

スポンサーサイト

ブックマークに追加する

にほんブログ村 芸能ブログへ
ページトップへ
<< 2017/10 >>
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


余白 Copyright © 2005 がんばれ!ニッポン!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。