今のニッポンの世の中には納得のいかないことが多すぎます。 もっともっといい国ニッポンになって欲しいがゆえに、その都度起こった政治経済や時事ニュース、スポーツ、エンタメについて怒りをぶつけます。
がんばれ!ニッポン!
スポンサーサイト
-----------  CATEGORY: スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブックマークに追加する

にほんブログ村 芸能ブログへ
ページトップへ
亀田家 協栄ジムと契約解除
2008-05-09-Fri  CATEGORY: スポーツ
歯車が狂ったのは、昨年10月大毅の内藤との世界戦でした。
あまりの無謀な試合振りに、世間から見放されてしまったわけです。
それまでの亀田家のイケイケ振りを止めるきっかけを与えたのです。

それに引き換え、試合相手の内藤選手は、この試合を機にテレビに露出することになり、
一躍スポーツスター選手となりました。

ここで学ばなければならないことは、傲慢な人間は、必ず終焉を迎えるときがくるということです。
波に乗っているときは、まわりもちやほやしてくれ、全てがうまくいっているように思えるのですが、ひとつ歯車が狂うと、これまでの反動がドッと押し寄せて、全てを失ってしまいます。

祭りたてた人間の断罪は、今回は置いておきます^^;


yahoo記事引用
さよなら協栄ジム…亀田家、契約解除合意案を受け入れる
5月9日8時2分配信 サンケイスポーツ

 プロボクシング「亀田3兄弟」の長男・興毅(21)、二男・大毅(19)の協栄ジムからの離脱が9日、正式に発表される。亀田サイドが8日、協栄ジムから提示された「契約解除の合意案」を全面的に受け入れることを決め、協栄ジムに通告した。

 亀田家がついに最終的な結論を出した。詳細は明らかにされていないが、協栄ジムから提示された条件をすべて受け入れた上で、契約を解除する。9日に東日本ボクシング協会の大橋秀行会長(42)を立会人として、両者が正式に契約解除の文書を交わすことが決まった。

 日本ボクシングコミッション(JBC)を通じ、7日に協栄ジムから契約解除に関する文書を受け取った亀田家は一時、態度を保留していた。しかし、父の史郎氏(42)らが関係者と再度話し合った結果、条件面で争うより早期解決を重視したもようだ。

 昨年10月の大毅の世界戦以降、不仲が続いていた両者だが、ようやく契約を解除することで合意に達する。今後はフリーな立場となり、他ジムへの「移籍」や「独立(新ジム設立)」の道を探ることになる。移籍先が決まるまでは国内のリングに立てないが、当面は東京都内の自宅兼ジムなどで練習を続ける予定だ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20080509-00000005-sanspo-spo
スポンサーサイト

ブックマークに追加する

にほんブログ村 芸能ブログへ
ページトップへ
<< 2017/11 >>
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


余白 Copyright © 2005 がんばれ!ニッポン!. all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。